2007年09月30日

タイ料理の食材

タイ料理は、中国や周辺諸国の宮廷料理などの影響を受けており、
辛味、酸味、甘味などのバラエティに富んだ特徴があります。

タイ料理の基礎知識を勉強しましょう。(参考資料=Wikipedia)


1)食材

主食は米。インディカ米の一種であるタイ米が食べられている。

中部タイの基本的な食事では、白米にトムヤムなどのスープ、野菜炒
めなど、数品のおかずが添えられるのが一般的である。

肉類は豚肉と鶏肉が中心であり、牛肉の消費量は少ない。

魚は川魚が中心で、主に揚げ物やスープに使用される。
エビ、カニ、イカもポピュラーな食材である。

野菜ではナス、空芯菜、赤たまねぎ、カシューナッツなどが頻繁に使
われている。

果物の種類は非常に豊富で、スイカ、バナナ、ドリアン、マンゴスチン、
オレンジ、パイナップル、ランブータン、パパイヤ、ザボン、竜眼など
さまざまである。
これらは生のままで食べるだけでなく、ジュースにして飲むことも多い。





タグ:タイ料理
posted by tamarind at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。