2007年09月30日

タイ料理〜食事の作法

3)食事の作法

伝統的には食事は素手を使って食べられていたが、今日ではフォーク
とスプーンを使用するのが一般的である。
通常はフォークを左手に、スプーンを右手に持ち、フォークでスプーン
の上に物を載せて、食べる。

食べ終わったら、皿の上にそろえて置くのが行儀がよいとされる。

箸はさほど常用されないが、タイの日常的な食べ物の中では、汁麺
(クイティアオ・ナーム)を食べる際や、中華料理、日本料理のレストラン
では用いられる。

主食がもち米の場合は、今日においてもスプーンとフォークではなく、
手を使う。

手で蒸したもち米を適量をちぎりとり、手のひらで握って、ちょうど日本
の握りずしのご飯のような円筒形の形状に整形して、おかずにつけて
食べる。

この際、インドやイスラム世界とは異なり、右手だけで食べなければ
ならない決まりはない。

ただし古くは、インド文化にかぶれた上流の階層において、タイでも
左手は「不浄の手」として浸透している、と主張する人もあった。

しかし、そのような階層が住むタイ中部においては、食事の作法は
フォークとスプーンに移行して、手を用いることはなくなった。

もち米を食べる習慣がある東北地方や北部地方においては、現在に
おいても、左手も右手と同様に使用して食事を楽しんでいる。
タグ:タイ料理
posted by tamarind at 21:33 | Comment(26) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。